マイホームの外壁塗装を住宅メーカーに依頼しました

マイホーム購入から15年経ち外壁塗装をすることに

マイホームを購入したのは今から15年ほど前のことです。
子供が生まれたのを機に、実家近くの子育てしやすい環境下への引っ越しを考えていたところ、両親から「いい物件が近所にあるよ」といわれて内覧会に見学に行きました。
主人が一目で気に入って35年ローンで住宅を購入することになったのです。
分譲住宅だったのですが、テレビのコマーシャルでもなじみの有名なハウスメーカーだったためにメンテナンスやアフターサービスも充実しています。
専任のスタッフが、各住宅エリアに一人いることで何かあった時にも安心感がありました。
数年に一度は、住宅の耐震や白アリの有無などの定期的な住宅点検があったのですが、ついに15年目の点検で「外壁の塗装」を勧められることになりました。

見積金額をみたら「200万円」と記載されており、子供の教育費にもお金がかかる時だったので迷いがありましたが、近所の人たちも点検後に外壁塗装を始めていたので、「うちだけが塗装が剥げていることは恥ずかしい」と主人が言い出し、貯金をはたいて外壁塗装をすることにしました。
ハウスメーカーが地元の業者に連絡を入れてから数日後には、外壁塗装のための足場が組まれました。
朝早くにきて、15分程度で家全体に足場が組まれ翌日から塗装が始まります。

マイホーム購入から15年経ち外壁塗装をすることに : 外壁塗装をするも仕上がりに満足いかずやり直し : 次も15年を目処に塗装をしたい